沖縄のソーキそばの歴史は、小さな部落「我部祖河」から始まった…

ソーキそばの誕生秘話

最初に出したお店では、精肉や鮮魚を売っていた。「そこで余った肉を煮付けてお客さんに出したら評判だったんです。それをそばに乗せたのがソーキそばの始まりなんです」(源治さん)当時、沖縄そばといえばさっぱりしたものが主流で肉もぜいたく品だった。そんな人たちに少しでもお肉を食べてお腹いっぱいになってもらいたい…その思いで誕生したのがソーキそばだった。四十年も前のことである。

詳しく読む

この度、中城店の営業時間が
変更になりますので、お知らせいたします。

★平日:11時~20時が、
    11時~18時までに変更
 (※ラストオーダーは17時半まで)

★土・日・祝日:11時~20時
    (※今まで通りです)

※今月11月5日(火)からの実施になります。
 ご来店の際は、宜しくお願いいたいします。

これからも、我部祖河食堂 中城店を
よろしくお願いいたします。

トピックス一覧